太陽光発電はお得なの?発電設備の管理と維持コストの関係

住宅用の太陽光発電設備を扱う際の心得

太陽光発電は専用のソーラーパネルに日光が当たることで発電されます。発電の際に環境に悪影響が及ばない他、小規模な設備でも発電出来ることから住宅の敷地内に設置するケースが増加しています。住宅用の太陽光発電は建物の屋根や敷地内の空きスペースに設備を置くのが一般的ですが、日照時間やソーラーパネルの状態が発電効率を大きく左右するので注意が必要です。特にソーラーパネルを含めた発電設備は状態が悪くなると発電量が大幅に低下してしまうことから、こまめにメンテナンスを行って良好な状態を保つことを心がけます。また、冬に雪が降る地域ではソーラーパネルの除雪も定期的に行う必要があるので、設備の設置場所にも配慮することが大切です。

太陽光発電のメリットと維持コストを低く抑える工夫

住宅用の太陽光発電設備は小規模でありながら住宅で消費する電力を賄うだけの発電が出来るのが大きなメリットです。新型の設備は発電効率が高く、日照時間が短くても多くの電力を供給することが出来ます。その一方で、ソーラーパネルの汚損や配線設備の劣化は発電効率を大幅に低下させてしまうので、常に良好な状態を維持することが安定した電力供給の条件です。発電設備の維持は費用が嵩みやすい傾向がありますが、規模と設置場所を工夫することでコストを低く抑えることが出来ます。建物の屋根に置いた設備の点検作業は危険が伴うので、業者によっては特別料金を請求することがあります。また、設備の規模が大きい程維持作業も長くなり、費用が増加してしまいます。そのため、発電設備は住宅での使用分を賄えるだけの規模に留めるのがコスト高を防ぐための工夫です。

太陽光発電は自然エネルギーとして期待されていて、余った電力を電力会社が買い取ってくれます。ただし、参入者の増加により太陽光発電の価格は年々下がっています