準備をしっかりするのが大切!事業承継のための秘訣とは?

引退時期を決めて引退後の人生プランを計画

まず事業承継する場合に考えなければいけないのが、事業承継する時期です。これを決めなければ具体的なプランを立てられないので、まずは引退する目安となる時期を決定します。さらにいつ、誰に、何を、どうやって事業承継するのかを経営面と個人面の2つの観点から決定し、承継する事業だけではなく引退した後の自分がどうやって過ごすのか人生プランも一緒に検討しておきます。重要となっているのが現在の事業の業績が引退するまでにどのように推移していくのか予測するところで、それによって事業承継するべきなのかどうかも合わせて検討する必要があるのです。

後継者の選定と成功しやすい環境整備は必須

自分が経営者として引退するのであれば、当然自分の後釜として経営者となる後継者を選定しなければいけません。そこで問題となってくるのが誰を後継者として選定するのかで、子供がいる場合は子供を第一後継者として検討する人がほとんどです。ですが子供が本当に継承者としてふさわしいのかどうか客観的に見極める必要がありますし、子供がいなかったり子供の能力に不安がある場合には第3者の中から候補者を選定する必要が出てきます。後継者候補をいくつか選定した後は事業の今後の展開を想定しながら彼らが成功しやすいように、会社内外で環境整備をしていくのも事業承継をスムーズに進めるための重要なポイントです。

万が一に備えた対策も

それ以外にも想定外の自体が起きた場合に備えて複数の複数の選択肢(代替案)を検討および準備しておくのも、重要なポイントの一つです。さらに親族での争いを防ぐためにも遺言作成や家族報告会など、自分の意思がしっかり伝えられる準備も大切です。

事業承継をするなら親族がよいでしょう。事業を引き継いでもらいたい際には親族に任せると、後からでも融通が利く事業になります。