印刷したいときの方法二つ。自宅でするか業者に頼むか

自宅の印刷は当日でも対応ができる

自宅で印刷する場合のメリットは、締め切りがある場合、当日ギリギリに印刷するということが可能なところです。業者に頼む場合には最低でも一週間は前に頼まなければ間に合いません。自宅の場合はインクと紙さえあれば、自分の好きなペースで好きな時に印刷することが可能です。前日や当日に印刷してもすぐに現物が手に入るので即活用することができます。

自宅印刷ではクオリティが低くなりがち

自宅印刷の場合のデメリットは、業者に頼むよりもどうしてもクオリティが落ちてしまうところです。紙質も市販されているものからしか選べません。また、家庭用印刷機は大量の印刷を前提としているものではないので、大量印刷するとコストが業者に頼むよりも高くつきます。途中で機械に負担がかかってトラブルが起きる可能性もあります。

サイズや紙の質なども業者なら幅が広い

業者に印刷を依頼する際のメリットは、家庭用印刷機よりも大きなサイズのものを印刷してもらえるところです。家庭用印刷機ですとA4サイズが限界の場合が多いですが、業者に頼む場合はA1やB1といった非常に大きなサイズの印刷物を生産することも可能です。また、紙質も耐水性のものから極薄のものまで幅広く対応してもらえます。外に貼る印刷物を作りたいときには耐水性印刷物を作ってもらえるのは心強いです。

届くまでイメージ通りの仕上がりかどうかがわからない

業者に依頼した際のデメリットは、実物が届くまでどのようなクオリティなのか、イメージ通りの印刷となっているのかの確認ができないという点です。特に校正ミスがあった場合、業者のほうでチェックしたり教えてくれたりはしないので、何百枚も印刷してみてから気づいて、途方にくれるということもあります。自宅印刷の場合は、一枚試しに印刷してみるということができるので被害を最小限に防げます。

封筒印刷とは、封筒の表に住所や名前などを印刷してくれるサービスのことです。DMなどを急に大量発送する必要がある時に役立ちます。