面接だけではわからない!?適性検査が重宝される採用活動

面接だけではわからない

企業が人を採用する時には面接をおこなうのが一般的です。その人のことを実際に会って話をして知ることが一番重要を考えられているためです。しかし昨今では、採用面接において頻度が多い質問とその回答について、また面接での振舞い方や回答の姿勢についての攻略本が販売されていて、面接の傾向と対策をしている人が多くなっています。面接をして質問をしても模範解答ばかり返されて甲乙つけがたい状況になっています。そのため面接だけではその人の本質を理解することが難しくなっています。

適性検査で人の本質を知る

そのため適性検査が見直されています。以前は学習能力をはかる内容の筆記試験が多くあったのですが、最近ではSPIをはじめとしてその人の本質を計測するための試験が一般的になっています。似たような質問を短時間で処理することで、質問に対して考えて回答する余裕をなくすことでその人の本質がわかりやすくなります。しかも似たような質問を繰り返すことで回答の信頼度合いも計測できるようになっています。これによりその人の本質的な傾向を把握することができます。

精神面の強さも適性検査で

最近ではその人の本質的な性格のみならず、メンタル的な強さを計測する適性検査も出てきています。企業で働く人のうつ病をはじめとする精神疾患が注目されている中で、できるだけタフな人材を採用したいと考える企業が多く、そのような適性検査を導入する企業が多くなっています。適性検査実施も費用がかかるために、本質を知るための適性検査や面接をクリアして最終的な合否を決定する際に、受験者を限定して実施するところが多いです。

適性検査は就職試験などに使われる簡単な調査のようなものです。国語や数学だけでなく、性格の調査もあります。これによって向き不向きの参考にされるのです。